黒酢とにんにくの相乗パワーとは

黒酢とにんにくの相乗パワーとは

黒酢もにんにくもとても健康効果の高い食品である、毎日の生活の中で気軽に取り入れられているものです。
この健康効果の高いふたつの食品を組み合わせることで、どのような相乗効果が生まれるのでしょうか。

冷え症改善効果アップ


黒酢には血液をサラサラにし、血流を良くするという働きがあります。
さまざまな理由によりドロドロになった血液をサラサラにしてくれるのは黒酢に含まれるアミノ酸やクエン酸のおかげ。
一方にんにくにはスコルジニンという成分によって、血行不良を改善する効果があると言われています。
手脚の末梢まで血液が行き渡り冷え性の改善に効果的。
黒酢とにんにくの働きは、さらなる冷え性改善効果アップを狙うことが出来ます。

疲労回復効果アップ


黒酢には筋肉疲労の原因のひとつとされる乳酸を分解・排出されやすくするという働きがあります。
それによって疲れを残しにくくしてくれます。
にんにくにも疲労回復効果があり、にんにくに含まれるビタミンB群やアリシンなどの成分が、いわゆるスタミナアップ効果として注目されています。
このように黒酢とにんにくには、元気な体を作る効果があると言えます。

生活習慣病予防効果アップ


黒酢にんにくにはどちらも深刻な生活習慣病になるのを予防してくれる効果があります。
黒酢には血中コレステロール濃度を下げる働きがあり、ドロドロ血液の解消を促します。
それによって、動脈硬化を予防してくれます。
またにんにくにも動脈硬化を予防する働きがあり、悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを増加させると言われています。
そのため心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気になるのを防ぐ効果をアップさせるという結果につながります。